邪魔な廃車を処分する料金を安くする術|節約して浮いた分を新車へ

マネー

動かない車を処分する

電卓

永久抹消登録の費用

車がすでに解体してある場合や事故や災害で使用できなくなったときは、永久抹消登録をして処分する必要があります。ディーラーを利用して永久抹消登録をするときはレッカー代として大体30000円くらい発生しますが、基本的に輸送距離で大きく変化するのです。車を解体する必要のある場合は解体費用としてさらに30000円ほどかかります。それだけでなく書類の手続きをしなくてはいけないのです。書類を書いてもらう際は安くても10000円くらい発生します。車が動く場合、レッカー代は必要ないので料金がかからないです。廃車にする車種によっては部品に価値のある自動車もあります。そういう車は料金も前後するので覚えておくと良いです。節約して浮いた分を新車へ充てるのも良いでしょう。

お得に処分する

車を廃車にするときはどうしても料金が発生します。これは避けて通れないものですが、できるだけコストダウンをしたい人もいるでしょう。そういうときは廃車の依頼をできる一般業者を選ぶといいです。業者によってはかなり格安で処分してくれるところもあります。一般的な業者だと1万円くらいから2万円くらいです。他にも一括買取査定を利用して探すのもオススメといえます。事故車や不動車を無料で引き取ってくれるところもあって、うまくいくとスクラップ料金を節約できるのです。動く車であればお金で買い取ってくれる場合もあります。ただ廃車にするだけだとかなり損をする場合もあるので、一括査定業者をうまく利用して少しでもコストを削減するといいでしょう。

まだまだ人気

ウーマン

1987年、生産台数1万台限定で日産自動車から販売されたのがBe-1です。初代マーチをベースにレトロなデザインを施し、大人気となりました。現在でも人気を保っており、中古車の相場も意外な高値を保っています。

Read More..